AMP HTMLプロジェクトをローカルで編集するまで

By | 2017年3月16日

挨拶

こんにちは!エンジニアのH.Yです。

結構前からAMP(Accelerated Mobile Pages)を導入するページを多く見かけるようになってきましたね。

朝日新聞デジタルさんや毎日新聞さん等々…

弊社Yomerumoでも導入しております。ぜひご覧ください。

さて、AMPにはamp-adという広告描画の仕組みが提供されていますが、これは弊社GMOSSPも昨年4月から対応しております。

今回はこのamp-adにGMOSSPをどのようにして導入したのか?を書いていこうと思います。

前提

  • CentOS6.x系

開発環境準備

環境構築方法はこちらに書かれているのですが、私がどうしたか、を書きます。

ここまで終わったら

http://localhost:8000/examples.build/ads.amp.max.html

にアクセスすれば各社のテスト広告が確認できます。
Ctrl+Cで抜けられます。

開発

https://github.com/ampproject/amphtml/pull/2814

弊社は上記のようなリリースをを行っています。
JS等に変更があれば
gulp build
gulp serve
し直せば変更後の物が確認できるので、思ったよりもカジュアルに開発できます。

実際のリリースは自分のGitHubアカウントにプロジェクトをForkしたものをcloneして編集して
そこにPUSHを行った後本家AMPHTMLにプルリクエストを出しております。

終わりに

いかがでしたか?
みなさんも良ければよく知られたAMPをローカル環境で動かしてみてください!

The following two tabs change content below.

Category: AMP