Author Archives: fujimaru

2016-12-27

UnityのシェーダーLODを調べてみた

こんにちは、
GMOインサイト エンジニアのfujimaruです。

UnityにはシェーダーでLOD(Level of Detail)を実現する仕組みがありますが、
参考になりそうな資料が無いので、簡単なコードを使って検証を行いました。

今回は、Unity5.4.0f3を使用し、
シェーダーLODの仕組みを使ってスクリプトからサブシェーダーを切り替える をゴールとします。

UnityのシェーダーLODについては、以下URLを参考にしてください。
https://docs.unity3d.com/Manual/SL-ShaderLOD.html


早速ですが、シェーダーのコードは、以下を用います。

サブシェーダーを4つ用意し、閾値(LOD)を設定しています。
サブシェーダーに設定されたLODと比較する値をスクリプトから送り、サブシェーダーを切り替えてみようという事です。
今回、サブシェーダーにロジックは無く、単に色を返すのみ となります。

 

次に、スクリプトのコードは、以下を用います。

Unityエディター上で作成したCubeに紐つくスクリプトコードです。
9行目が、LODと比較する数値の指定となります。

比較方法ですが、
LOD(シェーダー) <= rend.material.shader.maximumLOD(スクリプト) の時、サブシェーダが有効になります。
比較は、ソースコードの上から順に行われるので、
LODの値は、ソースコードの下になるにつれて、小さくなるように実装する必要があります。


スクリプトの値を変更した時の、実行結果は、以下のようになります。

1.rend.material.shader.maximumLOD = 5

5
2.rend.material.shader.maximumLOD = 50

50
3.rend.material.shader.maximumLOD = 100

100
4.rend.material.shader.maximumLOD = 150

150

うまくサブシェーダーが切り替わっているようです。
スクリプトの値の更新を、Update内で実行しても、同じ結果が得られました。


今回わかったこと
・シェーダーLODの仕組みを使えば、動的にサブシェーダーを切り替えることができる。

感想
対象プラットフォームが複数ある場合、
PCやAndroid等ユーザーによって環境が大きく異なる場合に有効かと考えております。