[github謹製hubot]×[docomo雑談対話API]×[あんずちゃん]x slackが社内で愛されたbotのお話

By | 2016年2月26日

こんにちわ!
GMOアドマーケティング インフラグループのあだちんです。
さてさて、みなさん「hubot」を知っていますでしょうか!?
今回はhubotとは何なのか。まずはこちらから説明していきましょう!

■そもそもhubotってなに??

GitHub社が開発したチャットbot開発・実行フレームワークで、
開発フローに組み込むことで開発を楽にすることができます。

■社内では??

本来の使い方はそんな感じなんですが、弊社ではslackと連携して
定例の時間になったら通知してくれたり、雑談したり社内の雰囲気を明るくしています。
中でもダントツに面白いのが「docomo 雑談対話API」です。
社内の余ったサーバで導入してみたので、インストールから設定までブログしていきます。
↓ちなみに「あんずちゃん」です笑

a01


■インストールする前に

slack側でhubotの設定をしましょう

1. slack hubotのapiを作成
https://slack.com/apps/search?q=hubot
アクセスしたら以下のように画面が出るのでトークンキーなど確認しましょう。
h01h02

トークンキーはあとで使うのでメモしときましょう。saveしたらhubotの構築です。


■hubotのインストール

1. 二行でインストール(CentOS6.7)

2. yoコマンドでbot作成

ちゃんと適宜変更してくださいね。今回はadapterはslackです。

3. 起動スクリプトの作成

4.hubotの起動

5. slackチャンネルにhubotを追加する

好きなチャンネルにhubotユーザを追加しましょう。
テストとしてpingと打ってみてください。
そうすると・・・・
できたら雑談対話apiを導入しましょう。


■docomo雑談対話APIの登録〜設定まで

1.API取得

https://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=docs.api.page&api_name=dialogue&p_name=api_usage_scenario
登録は無料なので、適当に新規でAPIを発行しましょう。

2. APIをslack.shに追加する

3. hubot-docomo-dialogue

4.scriptsディレクトリにてcoffeeスクリプトを設置

https://gist.github.com/RVIRUS0817/cf1200e556359708f65f#file-docomoapi-coffee

5.hubotの再起動

6.コミュニケーションを取ってみる

チャンネルの場合はちゃんと@付けてお話してくださいね。スクリーンショット_2016-06-16_午後5_49_53


■まとめ

構築が簡単だったのでみなさんも導入してはいかがでしょうか。
社内のコミュニケーションも増えるし、場も和みます!
最近メンテナンスをしていないので他にもランチbotなど時間があるときに作っていこうと思います。

※ブログ掲載のプログラムのインストールは、自己責任で御願いします。インストール等の結果にかかるハードウェアの不稼働等は、 当ブログでは一切サポートしておりませんので、予め御了承下さい

The following two tabs change content below.

あだちん

あだちん

GMOアドマーケティング 開発本部 インフラ開発部 インフラグループ
インフラエンジニア
最近はDockerにハマっており、個人ブログでも大活躍中。