2020年下半期 社内機械学習勉強会開催レポート

投稿者: | 2021年2月1日

こんにちは、GMOアドマーケティングのS.Rです。

社内エンジニア限定で行っている、2020年下半期 の機械学習勉強会が無事に終わりました。今回はその勉強会について、みなさんへご報告させて頂きたいと思います。

前期までの勉強会の内容一覧

開催時間 勉強会の内容
2018年上半期 統計解析法を題材にした勉強会を開催
2018年下半期 機械学習/データマイニング/統計的パターン認識のアルゴリズム
及び、それらを実際の業務に適用するためのノウハウを学ぶ
2019年上半期 Deep Learningの基本知識やフレームワークの活用方法について学ぶ
2019年下半期  社内の本番データを利用して機械学習のモデルを実装
2019年下半期 GCPのクラウドを利用して実際の業務の課題解決を行う
2020年上半期 実戦的な広告のCTRを予測するモデルを実装する

今期の勉強会の内容紹介

 

勉強会の課題

今回の勉強会の課題は自然言語処理モデルを使ってキーワードと広告の相性を評価することです。課題は下記の4つの条件で設計しました。

  1. 会社の業務と関連性があります。
  2. 自然言語処理モデルの要件の難易度は基本、中級、上級の3つに分けます。
  3. 設計や実装は各自で取り組みます。
  4. 3ヶ月以内で実装する必要があります(1週間あたり 2時間/人 ベース)。

勉強会の課題

Keywordが含まれている記事の広告配信の結果からKeywordと広告主の相性をスコアリングします。

 

勉強会の流れ

 

 

勉強会の結果発表

今回の勉強会では、機械学習エンジニアである運営メンバーが参加者のアウトプットを評価し、以下の指標を満たす上位三名を表彰しました。
・新しい自然言語処理モデル「BERT」を用いて実装した
・広告主と相性がよいキーワードを抽出した

表彰されたメンバーの様子です。

まとめ

”討論会→モデルの改修→討論会…” を繰り返し、2020年下半期の勉強会は終わりました。
今期の勉強会は、参加者の全員が 自然言語のモデルを実装することができました。
さらに参加者の中から優秀賞3名が決まり、受賞者には、運営側から2000円のアマゾンギフト券がプレゼントされました!